FOLLOW US

ローマ、チェルシーMFツィエクへ関心強める…選手本人もセリエAでのプレーを希望か

2023.01.27

ローマがハキム・ツィエクの獲得を検討 [写真]=Getty Images

 ローマチェルシー所属のモロッコ代表MFハキム・ツィエクへの関心を強めているようだ。26日、イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。

 ローマは今冬の移籍市場でイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの売却を試みている。選手本人も退団を望んでおり、ミランボーンマスといった複数クラブが獲得に興味を示していることから、1月中の移籍が現実味を帯びている状況だ。こうした状況を踏まえ、ローマもザニオーロの後釜確保に向けたリストアップを進め、ツィエクの動向を注視していることが明らかになっていた。

 報道によると、すでにローマはツィエクの代理人と接触済みで、今冬の移籍に向けた交渉がスタートしている模様。チェルシーは国際サッカー連盟(FIFA)が定めたレンタル枠の上限に関する規定を考慮し、完全移籍での放出を望んでいるという。ローマ側もこうした状況を理解しており、完全移籍での獲得について検討を重ねているようだ。なお、チェルシーの要求額は2000万ユーロ(約28億円)から2500万ユーロ(約35億円)とされているが、今後の交渉次第では金額が引き下げられる可能性もあるという。

 ツィエクに対しては、エヴァートンニューカッスルといったプレミアリーグ勢からの関心も明らかになっている。しかし、25日のイギリス紙『デイリーメール』によると、ツィエク本人はセリエA移籍を希望しており、チェルシーも国内クラブに同選手を売却する意思はないという。また、かねてからツィエクに関心を寄せていたミランは、今冬の移籍市場では獲得に乗り出さない可能性が高いようだ。

 現在29歳のツィエクは2020年夏に移籍金3300万ポンド(約53億円)でアヤックスからチェルシーに完全移籍。活躍に大きな期待がかかっていたものの、適応に苦戦し、絶対的主力に定着することができず。今シーズンは公式戦15試合に出場しているが、先発出場はわずか6試合にとどまり、ここまで0ゴール1アシストと結果を残すことができていない。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO