FOLLOW US

早くも連覇に暗雲…ピオリ監督、今節で苦難を断ち切れるか「決意と勇気を持ってプレーしよう」

ラツィオ戦に向けて意気込みを示したピオリ監督 [写真]=Getty Images

 ミランを率いるステファノ・ピオリ監督が、24日に行われるセリエA第19節ラツィオ戦に向けて、意気込みを示した。23日、クラブ公式サイトが伝えている。

 セリエA第18節終了時点で2位につけているものの、首位に立つナポリとの勝ち点差は「9」に開いているミラン。リーグ戦で2戦未勝利と足踏みし、スーパーカップではインテルに0-3の屈辱的な敗戦を喫するなど、苦難が続いている“ロッソネロ”は、第19節でラツィオと対戦する。

 まずピオリ監督は、セリエA連覇を目指してスタートを切ったが、シーズン半ばで雲行きが怪しくなりつつあることについて、「我々はこのような困難な瞬間に立ち向かわなければならない。ミランである以上、この批判は妥当なものだ。いまの私たちのパフォーマンスは、非常に高い期待値を下回っているからね」と披瀝。続けて「私たちはこれまで、あらゆることに簡単に対処してきたが、これからはもっと柔軟に、そして確実に行動することが求められる。難しい10日間だったけど、その中で我々はいつも以上に多くプレーすることができた。私は選手たちに大きな信頼を寄せている」と胸中を明かした

 またピオリ監督は、昨シーズンの敵地でのラツィオ戦に言及。MFサンドロ・トナーリのゴールで劇的な逆転勝利を飾った一戦を引き合いに出した同指揮官は「最も重要なのはメンタル面だ。昨年、このピッチでどのように勝利したかを思い出してみよう。とても良いものを得られるはず」と口にしつつ、「チームは試合中、バランスと自信を保っていたね。そして、それこそがいまの我々が取り戻す必要があるもの。この難局を乗り切るためには、勝たなければならない。決意と勇気を持ってプレーしよう」と意気込みを示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO