FOLLOW US

カンナヴァーロ氏が母国イタリアで初の指揮!…2部ベネヴェントの監督に就任

ベネヴェントの監督に就任したカンナヴァーロ氏 [写真]=Getty Images

 ベネヴェント(セリエB)は21日、新監督にファビオ・カンナヴァーロ氏が就任することを発表した。

 移籍市場に詳しい記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、カンナヴァーロ監督はベネヴェントと2年契約を結んだ模様。現在セリエBで2勝1分3敗の13位に沈んでいるベネヴェントは、前日の20日にファビオ・カセルタ氏の解任を発表しており、ヨーロッパの舞台では初の監督経験となるカンナヴァーロ氏にクラブの再建を託す形となった。

 現在49歳のカンナヴァーロ氏は、現役時代にパルマやインテル、ユヴェントス、レアル・マドリードなどでプレー。世界屈指の実力を誇るDFとして活躍し、イタリア代表をワールドカップ制覇へと導いた2006年には、バロンドールとFIFA最優秀選手賞を獲得した。

 2011年に現役を退いてからは指導者に転身。アル・アハリ(UAE)のアシスタントコーチを務めた後、2014年に就任した広州恒大(現在の広州FC)で監督としてのキャリアをスタートさせた。その後はアル・ナスル(サウジアラビア)や天津天海(中国)、中国代表の監督を歴任。昨年9月、2017年から再び指揮を執っていた広州FCの監督を退任していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO