FOLLOW US

ユーヴェ移籍噂のヴラホヴィッチ、脅迫横断幕受け警察が自宅警戒

移籍が噂されるヴラホヴィッチ [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナの一部サポーターが、ユヴェントスへの移籍が噂されるセルビア代表ドゥシャン・ヴラホヴィッチに向けて攻撃的なメッセージを送ったこともあり、警察が警戒しているようだ。イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が伝えている。

 ヴラホヴィッチはフィオレンティーナでブレイクし、多くのビッグクラブが関心を寄せていた。アーセナルなどがオファーを送っていると報じられていたが、ユヴェントスが水面下で動いていた模様で、移籍報道が急浮上。すでに同選手とは個人合意済みと見られており、契約に近づいているようだ。

 これを受けてフィオレンティーナのウルトラスは、本拠地『アルテミオ・フランキ』の前に横断幕を掲示。「得点で尊敬は得られない。ヴラホヴィッチ、クソッタレのせむし男!」、「護衛はお前の命を守らないだろう。ジプシー野郎、お前はもう終わりだ」など、攻撃的なメッセージを送った。

 警察はこの一連の流れに自宅周辺の警戒を開始。本格的な警備ではないものの、車を走らせ“監視”を行っているようだ。

 現在21歳のヴラホヴィッチは2018年夏にパルチザンからフィオレンティーナに加入。2020-21シーズンのセリエAで21得点を記録しブレイクを果たすと、今季のリーグ戦でもここまで得点ランキングトップタイの17ゴールを挙げている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO