FOLLOW US

去就噂のモラタ、代理人が移籍に言及「バルサへの道はもはや現実的ではない」

2022.01.25

モラタはユヴェントス残留か [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタの代理人が今冬のバルセロナ移籍を否定している。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 現在29歳のモラタはレアル・マドリードやチェルシーでもプレー。2020年夏にアトレティコ・マドリードからユヴェントスへと期限付き移籍し、昨年夏にレンタル期間が1年延長された。来夏に行使できる買い取りオプションが付帯しているものの、ユヴェントスに残るかは不透明となっており、バルセロナなどが関心を示していると報じられている。

 モラタと契約を結ぶ代理会社でマネジメントを務めるマルコ・ブランカ氏はモラタのバルセロナ移籍について問われ、「バルセロナへの道はもはや現実的ではない。アルバロはトリノで元気にやっているし、夏にアトレティコ・マドリードで何が起こるかみてみよう。私は彼のビアンコネロ(白と黒、ユヴェントスの愛称)での未来について楽観的だ」と一蹴し、ユヴェントス完全移籍の可能性も示唆した。

 モラタは今シーズン公式戦29試合に出場し8得点5アシストを記録。ユヴェントスは同ポジションを任せられるドゥシャン・ヴラホヴィッチ獲得も噂されており、モラタの去就に注目が集まっている。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO