FOLLOW US

インテルCEOがエリクセンにコメント「スポーツ面の評価は後回し」

エリクセンのプレー続行は叶うのか [写真]=Getty Images

 インテルCEOのジュゼッペ・マロッタ氏が同所属のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンについてコメントした。

 エリクセンは、12日に行われたEURO2020・グループB第1節フィンランド戦の43分に突然意識を失って倒れ込み、ピッチ上で心臓マッサージなどの救命処置を受けて病院に搬送されていた。すぐに意識を取り戻したものの、スタジアム近くのデンマーク国立病院に入院。様々な検査を行った結果、心臓の活動を監視する植え込み型除細動器(ICD)の装着が決まっていた。

 医師により問題がないとされた場合は、ICDは取り外されるようだが、そうでなければそのままに。セリエAではICDを装着したままでのプレーは認められていないため、インテルの選手としてピッチに立ち続けられるかどうかに注目が集まっている。

 マロッタ会長は『Dribbling Europei』に「彼をリスペクトしている。選手の前に人としてね。私たちは彼が回復し健康になり、完全な能力を取り戻すことを願っている。そのあとでスポーツ面の評価をするよ。現時点ではそれほど重要ではない」とコメントし状態を気遣った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO