FOLLOW US

イブラ、退団濃厚の守護神に「マルディーニのようになれたかも」…加入噂のジルーは「歓迎」

イブラがドンナルンマの去就などに言及 [写真]=Getty Images

 ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、同僚のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの去就などについてコメントした。4日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 現在22歳のドンナルンマはミランの下部組織出身で2015年10月に当時16歳でトップチームデビューを果たし、これまでに公式戦通算251試合に出場している。しかし、今シーズン限りで現行契約が満了を迎えるドンナルンマとミランの契約延長交渉は難航。給与面での折り合いがつかず、先日にパオロ・マルディーニTD(テクニカル・ディレクター)が同選手の退団を示唆した。

 イブラヒモヴィッチはドンナルンマについて、「彼はミランで育ち、20年間このチームのGKを務めることができたはずだ。イブラではないから、20年は無理かもしれないけどね。だけど、彼は世界最高の選手であり、(1985年から2009年までミラン一筋でプレーした)パオロ・マルディーニのようにミスター・ミランになれたかもしれない」と評価。続けて、「どうなるかわからないが、タンゴを踊るには2人必要だ。俺は最後まで、彼にミランに残るよう言うだろう」と語り、同選手の慰留に努める意思を示した。

 また、イブラヒモヴィッチは、チェルシーからミランへの移籍が噂されるフランス代表FWオリヴィエ・ジルーにも言及。チェルシーとの契約が6月30日に満了を迎えるジルーは、2年契約でミランに加入する可能性が取り沙汰されている。

「素晴らしい選手をより多く迎え入れられるなら、それに越したことはない。彼は素晴らしい経験を持っているし、俺たちのチームにはトロフィーを獲得したことにある選手があまりいない。もし彼が来るなら、歓迎されるだろうね。このチームは意欲的で、学びたい、向上したいと思っており、よく指導されているからだ」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO