FOLLOW US

有終の美を飾ったブッフォン、自身の将来に言及「多くのコンタクトを取っており…」

コッパ・イタリアを制覇し胴上げされるブッフォン [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、コッパ・イタリア制覇の後に取材に応じた。19日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日にアタランタとのコッパ・イタリア決勝を迎えたユヴェントスは、1-2で勝利し3シーズンぶり14回目の優勝を飾った。同試合にフル出場を果たしたブッフォンは先日、今シーズン限りでの退団を表明しており、ユヴェントスのジャージを着てプレーする最後の試合と伝えられている。そして試合後の取材に応じた際、同選手は以下のように語っている。

「このようなかたちで決勝戦を追えられたことは私にとって誇りであり、とても幸せなことだ。ファン、ユーヴェの関係者、チームメイト、監督たちは常に私の人生の一部。今の関係が終わったからといって、全てがなくなるわけではない。私はユーヴェに大きな愛とプロ意識と勇気を与えたと思うし、それを誇りに思うよ」

「私は今でも自分自身に挑戦し旅をして、自分のエネルギーや本質の限界がどこにあるかを見極める必要がある。以前も話したが、今後何が起こるかは分からない。私は愛する家族のいる幸せな男だから、このまま引退することもできるね」

「しかし、もっとクレイジーな人が連絡してきて、もっと素晴らしいことを想像させてくれたら、私はその人についていくだろう。正直なところ、私は多くのコンタクトを取っており、受け取ったオファーを分析している。私はまだ強い気持ちを持っているため、別の経験をしたいというモチベーションを見つけたら進み続けるだろう。自分はまだ良いゴールキーパーだと信じているからね」

 現在43歳のブッフォンは、今後どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。その決断に注目が集まっている。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO