FOLLOW US

ボローニャ指揮官、冨安のモンゴル戦出場に不満「14ー0で勝った試合で…」

ボローニャのミハイロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images

 ボローニャのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が、同クラブに所属する日本代表DF冨安健洋について語った。3日付けで『Football ITALIA』が伝えている。

 同日に行われたセリエA第29節インテル戦に先発出場した冨安だったが、右脚を痛めて前半34分で途中交代。ボローニャもホームで0ー1の黒星を喫した。試合を終えたミハイロヴィッチ監督は、冨安が先月30日に行われたW杯アジア2次予選モンゴル対日本に先発出場したことに触れつつ、不満を露わにしている。以下のように語った。

「彼ら(日本代表)は14ー0で勝った試合で、何のために冨安が必要だったんだ?クラブへの敬意を表する必要がある。今、我々にとってはレギュラーの選手の負傷を強いられているんだ」

 また、ミハイロヴィッチ監督はインテル戦の内容についても以下のように語っている。

「ロメル・ルカクにチャンスを奪われてしまった。今夜はチャンスを逃すよりも得点する方が簡単のほどチャンスがあったのにもかかわらず、4回も逃してしまった。ゴールを決められなければ、試合に勝つことはできない。全体的にはインテルよりも良かったと思う。相手に守備とカウンターを強要し、プレスをかけて相手を苦しめたからだ。そういった意味では、これ以上は望めないのかもしれない」

 ボローニャは29試合を終えて、勝ち点34の11位に位置している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO