FOLLOW US

ユーヴェのネドヴェド副会長、ピルロ監督への信頼とC・ロナウドの残留を強調

ユヴェントスのピルロ監督(左)とC・ロナウド(右)[写真]=Getty Images

 ユヴェントスのパヴェル・ネドヴェド副会長が、アンドレア・ピルロ監督への信頼とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの残留を強調した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が24日に伝えた。

 今シーズンからピルロ監督が率いるユヴェントスは、セリエAの27試合を消化した時点で16勝7分4敗。首位のインテルとは勝ち点差「10」で3位につけており、10連覇の可能性が遠のいている。さらに、チャンピオンズリーグでもポルトに敗れて2年連続のベスト16敗退と、思うような結果を残せていない。

 それでも、ネドヴェド副会長は『DAZN』のインタビューで、「ピルロは今後も100パーセント、ユヴェントスの監督だ」と指揮官への信頼を明言した。

「困難があることを承知でアンドレアとのプロジェクトに取り込んだ。もっといい結果を出したかったが、それができなかった。でも困難は予測していた。我々は落ち着いていて、我々が望む道を進んでいる。彼は偉大な監督になるための要素をすべて持っている」

 また、C・ロナウドについては古巣レアル・マドリードへの復帰が噂されているが、ネドヴェド副会長は、「彼との契約は2022年6月30日まであり、彼はクラブに残る」と残留を強調した。

「クリスティアーノ・ロナウドは技術的にもイメージ的にも、サッカー界の高みへの原動力を我々に与えてくれた。彼の技術的なレベルについて、何も言うことはない。彼は120試合で100ゴール以上を決めている。周囲からはそう見えないだろうが、彼はとてもシンプルな男だ。彼は計り知れない才能と多大な努力によって、素晴らしい成功を収めてきた現代の選手の模範的な存在だ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO