FOLLOW US

チャルハノールが決勝点! ミラン、3発でフィオレンティーナとの接戦制す

ミランがフィオレンティーナとの接戦を制した [写真]=Getty Images

 セリエA第28節が21日に行われ、フィオレンティーナミランが対戦した。

 ヨーロッパリーグ(EL)敗退が決定しているミランは公式戦2連敗中。首位インテルとは勝ち点差9ポイントとなっている。ミランフィオレンティーナのホームに乗り込み、試合はスタートした。

 試合を動かしたのはミランだった。9分、浮き球のスルーパスからエリア内に抜けたズラタン・イブラヒモヴィッチが左足でゴール右に突き刺し、先制に成功した。

 しかし、フィオレンティーナは17分、同点に追いつく。左サイドのエリア手前でFKを獲得すると、エリック・プルガルがこれを右足で直接狙う。鮮やかな軌道を描いたボールはゴール左上に吸い込まれた。GKジャンルイジ・ドンナルンマは反応したが、弾き出すことはできなかった。

 フィオレンティーナは29分、左サイドのCKからヘルマン・ペッセージャが右足のかかとで合わせるが、シュートはクロスバーを直撃。惜しくも逆転弾とはならない。ミランは35分、ハカン・チャルハノールからエリア内でスルーパスを受けたイブラヒモヴィッチが左足でループシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われ、勝ち越し弾とはならなかった。

 同点で後半へ折り返したフィオレンティーナは51分、逆転に成功する。右サイドから鮮やかなパスワークで崩すと、エリア内で折り返しを受けたドゥシャン・ヴラホヴィッチが落とす。これをフランク・リベリーがゴール左に決めた。

 しかし、ミランもすぐに同点に追いつく。57分、右サイドのCKからシモン・ケアーが頭から飛び込むと、こぼれ球に反応したブラヒム・ディアスが左足で押し込み、再び同点とした。ミランは65分にもイブラヒモヴィッチが左サイドの手前からループシュートを放つが、今度は左のゴールポストに嫌われる。

 ミランは72分、逆転に成功する。エリア手前からフランク・ケシエがドリブルで仕掛け、エリア内左のチャルハノールに送ると、これを右足でダイレクトシュート。ボールはゴール右下に吸い込まれた。

 試合はこのまま終了。ミランフィオレンティーナとの接戦を制し、公式戦4試合ぶりの白星。首位インテルとの暫定勝ち点差を6ポイントとした。フィオレンティーナは3戦ぶりの黒星となった。

 次節、フィオレンティーナは4月3日にアウェイでジェノアと、ミランは同日にホームでサンプドリアと対戦する。

【スコア】
フィオレンティーナ 2-3 ミラン

【得点者】
0-1 9分 ズラタン・イブラヒモヴィッチミラン
1-1 17分 エリック・プルガルフィオレンティーナ
2-1 51分 フランク・リベリーフィオレンティーナ
2-2 57分 ブラヒム・ディアスミラン
2-3 72分 ハカン・チャルハノールミラン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO