FOLLOW US

イブラとルカクに追加の制裁は下らず…ともにコッパ・イタリア1試合の出場停止

ルカク(左)とイブラ(右)は伊杯1試合出場停止 [写真]=Getty Images

 ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとインテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクに対する処分が確定した。29日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝では、インテルがミランを2-1で下して準決勝進出を決めた。同試合の44分、イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリからアフター気味のタックルを受けたルカクが同選手に詰め寄ると、ルカクに対してイブラヒモヴィッチが何か言葉を投げかける。両者は一触即発の空気になり、主審は両者にイエローカードを提示した。

 イブラヒモヴィッチは同試合の58分に2枚目のイエローカードを受けて退場し、ルカクは警告の累積により次戦の欠場が決定していた。イタリアのスポーツ判事は、試合中の衝突については制裁を加えず、両者の処分を「1試合のコッパ・イタリア出場停止」に決定した。

 敗退したイブラヒモヴィッチは来季大会の初戦、ルカクは2月3日に行われるユヴェントスとの準決勝ファーストレグでそれぞれ処分が適用されることになる。また、ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエとインテルのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミも警告の累積により、次戦は出場停止となる。

 なお、『スカイスポーツ』は、イブラヒモヴィッチとルカクの発言内容については報告がされていないとも伝えている。そのため、差別的な発言の有無をめぐる調査が引き続き行われる可能性は排除できないようだ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO