FOLLOW US

冨安は前半CB、後半右SB起用…ボローニャはフィオレンティーナとスコアレスドロー

フィオレンティーナとボローニャが対戦した [写真]=Getty Images

 セリエA第15節が3日に行われ、DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地でフィオレンティーナと対戦した。冨安は開幕から15試合連続のスタメン出場を果たし、前半はセンターバック、後半は右サイドバックとしてプレー。フル出場で完封に貢献した。

 ボローニャは16分、コーナーキックの流れからカットインを仕掛けたリッカルド・オルソリーニがペナルティエリアの外から左足を振ったが、シュートはわずかに枠の外。34分にはロレンツォ・デ・シルヴェストリのロングフィードからロドリゴ・パラシオが抜け出したが、相手GKとの一対一を制することができない。試合はスコアレスで折り返した。

 フィオレンティーナは58分にチャンス到来。フランク・リベリがマイナス方向に折り返し、ボルハ・バレーロがエリアの外でダイレクトシュートを放ったが、ゴール左下隅を狙ったシュートは枠を捉えることができなかった。

 試合は得点が生まれないまま終わり、ボローニャは4試合連続のドローで6戦未勝利、フィオレンティーナは2試合ぶりのドローで4戦無敗となった。次節、ボローニャは6日にホームでウディネーゼと、フィオレンティーナは同日にアウェイでラツィオと対戦する

【スコア】
フィオレンティーナ 0-0 ボローニャ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO