FOLLOW US

ローマのレジェンド・トッティ氏と夫人がコロナ陽性…先月に感染の父亡くす

トッティ氏が新型コロナ感染(写真は昨年11月) [写真]=Getty Images

 現役時代にローマで活躍した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、新型コロナウイルスに感染したようだ。2日、イタリア紙『la Repubblica』が報じた。

 現在44歳のトッティ氏は発熱や倦怠感などの諸症状を訴え、数日前に検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が明らかになった模様。また、イラリー・ブラージ夫人も検査で陽性が明らかになったが、夫人は無症状だとされている。

 トッティ氏は現在、子どもたちの元を離れ、自身の別荘で隔離生活を送っているという。また、プライバシーを保護するため、公式SNSなどで自身の新型コロナウイルス感染を公にする意思はないようだ。

 トッティ氏は父親のエンツォ氏も先月に新型コロナウイルスに感染。エンツォ氏はローマ市内の病院で治療を受けていたものの、10月12日に76歳で亡くなっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO