FOLLOW US

イタリア、ペッレグリーニ弾で先制もオランダとドロー…痛み分けで2位転落

イタリアとオランダの一戦は1-1の痛み分けに終わった [写真]=Getty Images

 UEFAネーションズリーグ・リーグAグループA第4節が14日に行われ、イタリア代表はオランダ代表と対戦した。

 イタリア代表は前節ポーランド戦からスターティングメンバーを4人変更し、チーロ・インモービレらが先発に。オランダ代表は今大会初めて3センターバックを採用し、ネイサン・アケ、フィルジル・ファン・ダイク、ステファン・デ・フライが最終ラインに並んだ。

 イタリアは開始1分から枠内シュートを放つなど幸先の良いスタートを見せる。すると16分、ニコロ・バレッラが右サイドから相手DFの裏にパスを供給すると、走りこんでいたロレンツォ・ペッレグリーニがピンポイントでトラップ。そのままGKとの1対1を冷静に制してイタリアが先手を取った。

 対するオランダは25分、デイリー・ブリントのクロスを受けたメンフィス・デパイが反転して強いシュートを放つ。このボールは前にいたドニー・ファン・デ・ベークに当たってしまうものの、その際浮いたボールをファン・デ・ベークがボレーでゴール右上に突き刺しスコアを振り出しに戻した。

 その後オランダは左サイドからの攻撃が増えるがなかなか決定機を迎えることができない。一方イタリア代表は39分、レオナルド・スピナッツォーラとダニーロ・ダンブロージオが立て続けにシュートを放つも、どちらもオランダのGKヤスパー・シレッセンのセーブに阻まれ追加点とはならない。

 オランダは55分、デパイが左サイドからゴールを狙うがGKジャンルイジ・ドンナルンマの好セーブに阻まれる。その後のコーナーキックからイタリアがカウンターを仕掛け、インモービレがGKと1対1の局面を迎える。しかしシュートはGK正面に飛びゴールとはならず。

 試合はそのまま終了し、イタリアとオランダの一戦は1-1と痛み分けに終わった。なお、同組のポーランドが同日ボスニア・ヘルツェゴビナに勝利したため、イタリアはポーランドに首位を明け渡すこととなった。

【スコア】
イタリア代表 1-1 オランダ代表

【得点者】
1-0 16分 ロレンツォ・ペッレグリーニ(イタリア代表)
1-1 25分 ドニー・ファン・デ・ベーク(オランダ代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA