FOLLOW US

トッティ氏の父親が76歳で死去…集中治療室で新型コロナ治療続くも回復せず

トッティ氏の父親であるエンツォ・トッティ氏が、76歳で亡くなった [写真]=Getty Images

 現役時代にローマで活躍した元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏の父親であるエンツォ・トッティ氏が12日、ローマ市内の病院で亡くなった。76歳だった。エンツォ氏は、新型コロナウイルスに感染し入院していた。12日に、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。

『コリエレ・デロ・スポルト』によると、エンツォ氏は数年前に心臓発作を起こしており、持病を抱えていた模様。今年に入って、新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大するなか、エンツォ氏は検査の結果陽性と判明。ローマのスパランツァーニ病院に入院し、集中治療室で治療を受けていた。

 かつてトッティ氏は、実の父の誕生日に「あなたが私に教えてくれたことはすべて、私の子どもたち、あなたの孫たちに伝えていくよ。あなたがしてくれたことのすべてに感謝している」とメッセージを送っていた。親子の絆は非常に深く、エンツォ氏は息子の試合を見逃したことは一度もなかったそうだ。

 ローマは、クラブ公式ツイッターに「さようなら、エンツォ。フィオレッラ、フランチェスコ、リカルド、そしてトッティの家族全員に抱擁を」と投稿し、エンツォ氏の死を悼んでいる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO