FOLLOW US

クライファート息子がブンデス初挑戦…ライプツィヒ、ローマからジャスティンをレンタル

クライファートのライプツィヒ移籍が決定 [写真]=Getty Images

 ライプツィヒは5日、ローマからオランダ代表FWジャスティン・クライファートを獲得したことを発表した。

 クライファートは2021年6月30日までの1シーズンのレンタル移籍で加入し、新天地での背番号は「21」に決定。自身初のブンデスリーガ挑戦となる。ローマも同日に移籍を発表しており、クラブ公式サイトで「ブンデスリーガでのシーズンの成功を祈っています」とコメントしている。

 現在21歳のクライファートは、元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏の息子で、アヤックスの下部組織出身。2017年1月に17歳でトップデビューを飾り、2018年夏にはローマに移籍した。イタリアでは、この2シーズンで公式戦68試合に出場し、9ゴールを記録。また、2018年3月のポルトガル戦でオランダ代表デビューを果たし、通算2試合に出場している。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA