FOLLOW US

K・P・ボアテングの新天地はイタリア2部…オーナーは旧知のベルルスコーニ氏

ベシクタシュのボアテング [写真]=Getty Images

 モンツァ(イタリア2部)は28日、フィオレンティーナから元ガーナ代表FWケヴィン・プリンス・ボアテングを獲得したと発表した。2021年6月までの1年契約だが、2年目の契約延長オプションが付与されているという。

  ボアテングはヘルタ・ベルリンの下部組織出身の33歳で、2005-06シーズンに同クラブのトップチームデビューを飾った。これまでにトッテナムやシャルケ、ミランやバルセロナなど各国のクラブでプレー。昨シーズンはフィオレンティーナでシーズンをスタートさせたが、1月にベシクタシュ(トルコ)へレンタル移籍していた。

 モンツァはかつてミランで会長を務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏がオーナーを、さらに同氏の腹心アドリアーノ・ガッリアーニ氏がCEOを務めている。ボアテングは自身をよく知る2人の下でもう一花咲かせることができるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA