FOLLOW US

インテル、18歳の逸材FWエスポージトが武者修行…SPALに1年レンタル

エスポージトがSPALにレンタル移籍 [写真]=Getty Images

 インテルは25日、U-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージトがSPAL(2部)へと期限付き移籍することを発表した。レンタル期間は2020-21シーズン終了までとなる。

 エスポージトは2002年7月2日生まれの現在18歳で、ミランに所属するGKジャンルイジ・ドンナルンマとも同郷。8歳でブレシアの下部組織に入団し、12歳だった2014年にインテルの下部組織へと移った。

 同選手はプリマヴェーラやU-17カテゴリーで得点を量産し続け、2019年3月14日にトップチームデビューを飾る。18-19シーズンのヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦セカンドレグ・フランクフルト戦で途中出場を果たし、クラブ史上3番目に若い16歳と255日でのデビューとなった。また、2019年12月21日に行われた19-20シーズンのセリエA第17節でプロ初ゴールを記録し、クラブのリーグ戦における最年少得点記録を樹立した。

 エスポージトは、イタリア代表でもU-15から各アンダーカテゴリーで活躍している。U-17欧州選手権2019では全6試合に出場し、4ゴール2アシストでチームの準優勝に貢献した。また、今年9月には“飛び級”でU-21にも招集され、U-21スロヴェニア代表戦で出場を果たしている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA