FOLLOW US

元ミラン会長ベルルスコーニ氏が新型コロナ陽性…検査で早期両肺肺炎も判明

新型コロナウイルス陽性が確認されたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏 [写真]=Getty Images

 元ミラン会長で現在はセリエCのモンツァのオーナーを務めるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏に新型コロナウイルス陽性反応が確認された。4日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同氏は2日に受けた検査で新型コロナウイルス陽性反応が確認され、ミラノにあるサン・ラファエレ病院に検査入院することとなった。また、そこで受けたCTスキャンにより、早期両肺肺炎を患っていることも判明したという。

 しかし、ベルルスコーニ氏の医師によると、「状況は落ち着いており、安心している」とのことだ。また、入院が必要だった理由として、ベルルスコーニ氏の年齢や過去の病歴から、リスクがある患者とされていたからだという。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA