FOLLOW US

吉田麻也は10戦連続フル出場、決勝弾アシストは幻に…サンプドリアは最終節ドロー

サンプドリアは最終節でブレシアとドロー [写真]=Getty Images

 セリエA最終節が8月1日に行われ、DF吉田麻也が所属するサンプドリアはアウェイでブレシアと対戦した。吉田は10試合連続でフル出場した。

 主導権を握ったサンプドリアは25分、FKでペナルティエリア中央のロナウド・ヴィエイラが右足ダイレクトシュートを放つと、相手のハンドを誘ってPKを獲得。キッカーのファビオ・クアリャレッラがゴール右上を狙ったが、枠を外してしまい、絶好のチャンスを逃す。それでもサンプドリアは41分、メーディ・レリスがエリア前中央で右足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たってゴール左隅に吸い込まれた。

 しかしサンプドリアは後半に入って49分、GKウラジミロ・ファルコーネのファールでPKを献上。このPKをエルネスト・トレグロッサに決められて、ブレシアに同点とされた。追い付かれたサンプドリアは56分、左CKでオマー・コリーが右足で合わせたが、決定的なシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

 ブレシアは69分、トレグロッサがヘディングシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴール。77分にはヤロミール・ズムルハルがクロスを頭で叩きつけたが、シュートは右ポストに弾かれた。

 サンプドリアは後半アディショナルタイム2分、途中出場のクリストフェル・アスキルセンが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。後半アディショナルタイム5分には、吉田がセンターサークル内でボールをカットすると、そのまま持ち上がってエリア左へ絶妙な浮き球パスを供給。これを受けたクアリャレッラが右足シュートを突き刺したが、オフサイドでノーゴールとなった。

 試合はこのまま終了。サンプドリアは連敗を3で止めたものの、4試合未勝利でシーズン終了となった。なお、吉田は1月の移籍前にサウサンプトンで公式戦11試合に出場。サンプドリア移籍後は3月8日の第26節ヴェローナ戦でセリエAデビューを飾り、以降は全14試合に出場して1アシストを記録。そのうち13試合でフル出場を果たして残留に貢献した。

【スコア】
ブレシア 1-1 サンプドリア

【得点者】
0-1 41分 メーディ・レリス(サンプドリア
1-1 49分 エルネスト・トレグロッサ(PK/ブレシア

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA