FOLLOW US

ミランとアタランタの好調対決はドローに…またしてもユーヴェ優勝が近づく

好調同士の対戦はドローに終わった [写真]=Getty Images

 24日にセリエA第36節が行われ、6位ミランと2位アタランタが対戦した。

 リーグ戦再開後はセリエAでともに無敗と、好調を維持する両チーム。この試合で最初のチャンスを迎えたのはホームのミランだ。14分、敵陣左の深い位置でFKを得ると、あまり角度がないながらもMFハカン・チャルハノールが右足で直接狙う。このキックがファーサイドのトップコーナーを打ち抜き、芸術的なゴールでミランが先制する。

 追いつきたいアタランタは25分、MFルスラン・マリノフスキーがエリア内でMFルーカス・ビリアに足を踏まれ、PKを獲得。これをマリノフスキーが自ら蹴るも、左足のキックをGKジャンルイジ・ドンナルンマがセーブして同点を許さなかった。

 しかし34分、アタランタはMFレモ・フロイラーのシュートがミランDFに当たったこぼれ球にFWドゥパン・サパタが反応。これを左足で押し込み、ここでアタランタが同点に追いついた。

 1-1で試合は前半を折り返すと、後半は一進一退の攻防が続く。73分、ミランはカウンターからFWラファエル・レオンが運ぶと、左で受けたMFジャコモ・ボナベントゥーラがカットインから右足でシュート。これはニアポストを叩くも、途中出場の2人でチャンスを作ってみせた。

 アタランタサイドも続々と切り札を切るも、後半は両チームともに決め手を欠き、試合はこのまま終了。勝ち点1を分け合う形となり、2位アタランタとユヴェントスの差は5に。ユヴェントスが26日のサンプドリア戦で勝利すれば優勝が決定する。一方ヨーロッパリーグ出場を目指すミランは、5位ローマを抜くことができず6位にとどまることとなった。

 次節、28日にアタランタはパルマと、29日にミランはサンプドリアとそれぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ミラン 1-1 アタランタ

【得点者】
1-0 14分 ハカン・チャルハノール(ミラン)
1-1 34分 ドゥパン・サパタ(アタランタ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO