FOLLOW US

元SDが古巣を斬る!「バルサはもはや普通のレベル」…CL決戦は「ナポリ勝利が50%」

2019年までバルセロナのSDを務めていたブライダ氏 [写真]=Getty Images

 2019年までバルセロナのスポーツディレクター(SD)を務めていたアリエド・ブライダ氏が、8月8日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグのバルセロナナポリ戦について自身の見解を述べた。20日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 かつてミランのSDを務めた経験も持つブライダ氏は、2015年にバルセロナのSDに就任。2019年に3年の契約期間を残して解雇されるまで、バルセロナの補強戦略に関わってきた人物だ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたCLのバルセロナナポリ戦について、ブライダ氏は「どんなことも可能だ」とナポリを支持。一方で、バルセロナが以前とは異なる状況にあることを主張した。

バルセロナは、“ホームでは強いチーム”だと言えるだろう。だからこそ、(新型コロナウイルスの影響で)『カンプ・ノウ』に大観衆を呼ぶことができないのは痛手となるはずだ。ナポリバルセロナを下して次のラウンドに勝ち進む可能性は50パーセントだと思う。バルセロナはホームでオサスナに負けているし(リーガ・エスパニョーラ第37節で1-2の敗戦)、本調子ではない」

 ブライダ氏は「もはや普通のレベルだ」と、バルセロナの“凋落”ぶりを主張した。果たして、ラウンド16を勝ち抜くのはバルセロナか、それともナポリか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA