FOLLOW US

マンジュキッチが伊復帰? F・インザーギ率いるベネヴェント、昇格決定で複数の大物獲得へ

2020.07.01

ベネヴェントが獲得を目指す大物 [写真]=Getty Images

 ベネヴェントは、アル・ドゥハイル(カタール)に所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチらの獲得を目指しているようだ。30日、イタリアメディア『AreaNapoli』が報じた。

 今シーズンのベネヴェントは、元ミランのフィリッポ・インザーギ監督の指揮下でセリエBを席巻。第10節から22戦連続無敗を続けており、第31節のユーヴェ・スタビア戦で3年ぶり2回目の昇格とセリエB優勝が決定した。ここまでの成績は、22勝7分1敗・総得点「56」/総失点「15」。7試合を残しての昇格決定は、1977-78シーズンのアスコリと並んで史上最速タイの記録だ。

 来シーズンのセリエAでの戦いにも期待が寄せられるベネヴェントは、すでに元フランス代表FWロイク・レミの獲得が決定的と現地で報じられている。マルセイユやチェルシーなどでもプレーした33歳は、メディカルチェックまで進んでおり、近日中に移籍の公式発表が行われるようだ。

 ベネヴェントはドルトムントの元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレの獲得にも動いており、移籍金350万ユーロ(約4億円)でクラブ間合意に近付いている模様。F・インザーギ監督が高く評価しているマンジュキッチについても、350万ユーロでの獲得を目指しているようだ。また、今年1月までユヴェントスに所属していたマンジュキッチ自身も、ヨーロッパ復帰を望んでいるという。

 さらに、ベネヴェントはモナコのポーランド代表DFカミル・グリクや元ローマで現在フリーの元パラグアイ代表FWフアン・イトゥルベ、さらにはナポリの元スペイン代表フェルナンド・ジョレンテの獲得も目指しているという。ただし、ナポリは現時点でF・ジョレンテの売却に否定的と見られている。このほかにも、イタリアメディア『スカイスポーツ』のジャンルカ・ディ・マルツィオ記者は、元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルの名前を挙げている。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO