FOLLOW US

ナポリが6年ぶり6回目のコッパ・イタリア制覇!…PK戦の末にユーヴェを破る

ナポリがユヴェントスを破りコッパ・イタリア制覇 [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア決勝が17日に行われ、ナポリとユヴェントスが対戦した。

 6年ぶりの6回目の優勝を目指すナポリと、2年ぶり14回目の優勝を狙うユヴェントスが激突。試合はユヴェントスが先に攻勢に出る。5分にパウロ・ディバラが相手のバックパスをカットしてマイナスに折り返し、クリスティアーノ・ロナウドがダイレクトシュート。20分にはロドリゴ・ベンタンクールがペナルティエリア前中央からミドルシュートを放つが、どちらもGKアレックス・メレトに阻まれた。

 一方のナポリは24分、エリア前中央のFKでロレンツォ・インシーニェが直接狙うが、シュートは惜しくも左ポストをかすめる。41分にはディエゴ・デンメがエリア右へ突破して右足を振り抜いたが、これはGKジャンルイジ・ブッフォンのブロック。直後のCKでは、こぼれ球を拾ったインシーニェがゴール左隅を狙ったミドルシュートを打ったが、ここもGKブッフォンにセーブされた。

 後半に入ってナポリは決定機を作るが、ユヴェントスは守護神が好セーブを連発。途中出場のマッテオ・ポリターノが68分にエリア前からミドルシュート、82分にもヘディングシュートを放ったが、GKブッフォンに阻まれる。後半アディショナルタイム2分には左CKでニコラ・マクシモビッチがヘディングシュート。これもGKブッフォンに止められると、こぼれ球に詰めたエリフ・エルマスのシュートもブッフォンと右ポストに弾かれた。

 試合はこのまま90分が終了し、PK戦に突入した。先攻のユヴェントスは1人目から2人連続失敗で4人目までに2人が成功。後攻のナポリは4人全員が成功し、PK戦を制して6年ぶり6回目のコッパ・イタリア制覇を果たした。

 セリエAは20日から再開。ユヴェントスは22日にアウェイでDF冨安健洋が所属するボローニャと、ナポリは23日にアウェイでヴェローナと対戦する。

【スコア】
ナポリ 0-0(PK戦4-2) ユヴェントス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA