FOLLOW US

「段ボールを食べていた」…バロテッリ、独特の言い回しでロックダウン中の生活を語る

ブレシャのバロテッリが、ロックダウン中のストレスを語った [写真]=Getty Images

 ブレシャに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、新型コロナウイルスのためにイタリアでロックダウン(都市封鎖)が行われた時のことを回顧した。14日に、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。

 インスタグラムの「インスタライブ」で、先日現役を引退したアレッサンドロ・マトリ氏との会話を楽しんだバロテッリは、ロックダウンが実施された当時のことを振り返り、独特の言い回しで苦労を明かした。

「何もすることができなかったよ。ほとんどすべてのことが禁止されていたんだからね。時々、公園を散歩したりはしていた。でも、それだけだ」

「ロックダウンされてからの数日なんて、段ボールを食べていたよ。幸いなことに、後でちゃんとした食べ物を注文することができたけどね」

 セリエAは、中断している2019-20シーズンの再開日を6月13日に設定している。バロテッリの日常にサッカーが戻ってくるのも、そう遠い未来ではない。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA