FOLLOW US

マンUやユーヴェもハメスに注目か…今夏のレアル退団は決定的に

今夏のレアル退団が濃厚となっているハメス [写真]=Icon Sport via Getty Images

 レアル・マドリードに所属しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに対し、マンチェスター・Uとユヴェントスが関心を示しているようだ。スペインメディア『アス』が11日に報じている。

 J・ロドリゲスに関しては、以前からナポリ、アーセナル、エヴァートンらが獲得を画策していると報じられていた。今回の報道によると、マンチェスター・Uとユヴェントスも同選手に注目しているという。同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が、マンチェスター・U、ユヴェントスとの交渉の席についたことを明らかにしたようだ。具体的な動きはまだ先となる見込みだが、今後の動向次第では同選手のプレミアリーグやセリエA行きに拍車がかかる可能性も低くはないだろう。

 現在28歳のJ・ロドリゲスは2014年夏にモナコからレアル・マドリードへ完全移籍で加入した。当初は主力として活躍していたが、徐々に出場機会が減少。2017年夏からはバイエルンへ2シーズンの間レンタル移籍するも、買い取りには至らず。今季開幕前にレアル・マドリードへ復帰していた。今季のリーガ・エスパニョーラでは第27節終了時点で7試合出場1ゴール1アシストの成績にとどまっている。

 ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼を失っているJ・ロドリゲスは、今季終了後のレアル・マドリード退団が決定的だ。移籍金は4000万(約47億円)と見られている。果たして、J・ロドリゲスの新天地はどのクラブになるのだろうか。

 


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO