FOLLOW US

ガットゥーゾ監督、イタリア1年目のロサノを評価「良いシーズンを送っている」

ナポリに所属するロサノ [写真]=Getty Images

 ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、同チームに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサノについて語った。4日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 昨年の8月にPSVからナポリへ移籍したロサノだが、加入当初はカルロ・アンチェロッティ(現エヴァートン監督)が指揮官を務めており、なかなか出場機会を得ることができていなかった。しかしガットゥーゾ監督が就任してからは出場機会を増やしており、イタリアでも徐々にその実力を示している。

 今回、取材に応じたガットゥーゾ監督は、ロサノについて以下のように語った。

「彼が移籍してきた時はアンチェロッティが監督で、チームがあまり上手く機能していなかったように思う。だから彼自身も、良いプレーができていなかったんだ」

「今はイタリアで良いシーズンを送っていると思う。今後、よりセリエAの舞台に慣れれば、チームにさらなる価値をもたらしてくれるだろう。私は、そう信じているよ」

 ロサノは今シーズン、ここまで公式戦23試合に出場し3ゴール3アシストを記録している。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA