FOLLOW US

ローマ、市内の病院に治療用物資を購入…選手やスタッフからの寄付金を使用

市内の病院のために物資を購入すると発表したローマ [写真]=Getty Images

 ローマは13日、ローマ市内の病院のために治療用物資を購入することを明かした。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、各国でリーグ戦の延期が決定。特にイタリアでは感染が広がり、20日には新型コロナウイルスによる死者数が中国を抜いて世界最多になったとも報じられている。

 そうしたなかローマは、選手やスタッフが1日の給与を寄付金として募り、46万ユーロ(約5500万円)が集まった模様。この寄付金の一部を、ローマ市内のラザロ・スパランツァーニ病院に提供する物資を購入するために充てることを発表した。

 ラザロ・スパランツァーニ病院は、ローマ市内の新型コロナウイルス対応において最も重要な病院の一つとされている病院であり、様々な物資が不足しているという。そこで、3つの集中治療用人工呼吸器と5つの集中治療用の肺換気装置、8つの治療用ベッドを購入するために寄付金を使用することを明かした。

 このことを受け、ラザロ・スパランツァーニ病院研究部門のマルタ・ブランカ氏は、ローマ公式サイトにて「人類にとって困難な時期だが、ローマからのサポートは我々に誇りを与えてくれます」と感謝を述べた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO