FOLLOW US

インテルCEO、獲得噂のエリクセンに言及「現時点で彼は…」

トッテナムに所属するエリクセン [写真]=Getty Images

 インテルのジュゼッペ・マロッタCEOが、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンについて言及した。19日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 エリクセンは今シーズン終了時点でトッテナムとの契約が切れるため、来夏ではフリーで移籍することが可能になる。世界屈指のプレーメーカーの争奪戦が予想される中、インテルは今月、同選手を獲得しようと1000万ユーロ(約12億円)のオファーを送ったと報じられた。

 しかし、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督はこのオファーの存在自体を否定。また同監督はインテルのアントニオ・コンテ監督へ「敬意を欠いている」との苦言も漏らした。

 そんな中、今月エリクセンの代理人と会談をしたというマロッタCEOは、インテルの正当性を主張している。以下のように語った。

「彼はもちろんトッテナムの選手だが、6月で契約が切れることが明らかだ。それにこの期間中に彼の代理人に会うことは完全に合法で、現在の規約により許可されているはずだよ」

「現時点で彼は、1月か6月に訪れるとしか言えない。ただ、彼を巡る争いは激しくなるかもしれない。今後何が起きるかは誰にも分からないよ」

 今冬の移籍市場の期限は、1月末まで。果たして、エリクセンの交渉は進展するのだろうか。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA