FOLLOW US

出場機会激減のジャン、1月に母国復帰へ…ドルトムント移籍が濃厚か

ジャンはユヴェントスにて出場機会の獲得に苦しんでいる [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンは今冬の移籍市場でドルトムントへ移籍する模様だ。18日にイタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

 ジャンは今シーズンからクラブの指揮を執っているマウリツィオ・サッリ監督の元で、出場機会の獲得に苦しんでいる。わずか4試合の出場に留まっている同選手は、ユヴェントスのチャンピオンズリーグ登録メンバーからも外れてしまった。

 同メディアによると、ドルトムントが同選手に対して救いの手を差し伸べるようだ。現時点でクラブ間の接触は確認されていないとのことだが、近日中にジャン獲得に向けて交渉を持ちかけるという。

 2018年にリヴァプールからユヴェントスへとフリー移籍を果たした同選手は現在25歳。今後の活躍がまだ見込まれている若さで、約6年ぶりの母国復帰を果たすのであろうか。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA