2019.10.05

ミラン指揮官が自身の進退についてコメント「絶対にあきらめない」

進退について語ったジャンパオロ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランを率いるマルコ・ジャンパオロ監督が自身の進退についてコメントした。イタリアメディア『ル・イエネ』を引用し、同メディア『フットボール・イタリア』が伝えている。


 ジャンパオロ監督は、サンプドリアの昨シーズンまでサンプドリアを指揮し安定した成績を見せていた。すると6月、ミランはジャンパオロ監督を新指揮官として招へい。1年間の契約延長オプション付きで、2021年6月30日までの契約を結んだと発表した。

 ミランはセリエA第6節終了時点で、2勝4敗。勝ち点はわずかに「6」で16位につけ、首位を走るインテルとは勝ち点「12」差をつけられている。

 スタートダッシュに失敗し、不振に喘ぐミランの現状を受け、ジャンパオロ監督の解任も報じられているが、同監督は職務を全うするとコメントしている。

「たくさん働いているよ。そのクオリティが低いということかい? どうすればいいかを必死に見つけようとしている。辞任はしない。絶対に諦めないよ。クラブを去るということはギブアップしたということを意味する」

 ミランは、5日にジェノアとのアウェイゲームを控えている。連敗を脱し、調子を上げることはできるだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
35pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
35pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
39pt
ユヴェントス
39pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング