FOLLOW US

伊紙、5試合連続フル出場の冨安健洋を評価「最善の策をとった」

ボローニャでプレーする冨安健洋 [写真]=Getty Images

 セリエA第5節が25日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはアウェイでジェノアと対戦し、スコアレスドローに終わった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がこの試合の選手採点を発表した。

 右サイドバックで5試合連続のフル出場を果たした冨安は、両チーム最多となる74回のタッチ数を記録するなど活躍。『ガゼッタ』は「6」の採点をつけ、「すぐに(アントニオ)バッレーカに削られたものの、最善の策をとった。苦しめられはしたが、抗戦した」と評価した。

 なお、チーム内最高となる「6.5」の評価がついたのはチリ代表MFガリー・メデルだった。

 ボローニャは次節、29日にアウェイでウディネーゼと対戦する。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA