FOLLOW US

逆転勝利のサッリ監督、守備の改善を要求…デ・リフトについては「忍耐が必要」

ユヴェントスの新たなDFリーダーとなることが期待されるデ・リフト [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのマウリツィオ・サッリ監督が、24日に行われたセリエA第5節ブレシア戦を振り返った。同日、イタリアメディア『Football Italia』が伝えた。

 内転筋負傷のクリスティアーノ・ロナウドらを欠くユヴェントスは、21日に行われたエラス・ヴェローナ戦からスタメン6人を入れ替えて試合に臨んだ。開始早々の4分に先制点を許したものの、相手のオウンゴールとミラレム・ピアニッチのボレー弾で逆転勝利。開幕からの無敗をキープし、勝ち点を「13」に伸ばした。

 サッリ監督は4-3-1-2のフォーメーションで試合に臨んだ理由について、「私たちは今、(4-3-3と)両方の戦術に備える必要がある。私たちはサイドバック(の負傷者)と攻撃的MFの飽和について問題を抱えているため、戦力を最大限に活用するのが最善だ。シーズン後半になってサイドバックが全員戻ればアプローチを再検討できるが、すべてのシナリオに備えることは重要だ」と、今後も続く過密日程を見据えたテスト運用の意味合いも含まれていたことを明かした。

 同監督は試合の内容について、「パスが大幅に改善され試合はコントロールできたが、ディフェンス面では向上する必要がある」と総括。また、各選手のパフォーマンスを以下のように評価している。

「私はフアン・クアドラードをいずれ右サイドバックとして起用することを考えていたが、試合中にダニーロが負傷したことで、その起用を急いでしまった」

「パウロ・ディバラは最近好調なので、今日彼を起用したのは正しかった。現時点でトレクァルティスタ(トップ下)に最適なのはアーロン・ラムジーだ。いくつかの試合では、ディバラがトレクァルティスタとしてチームを助けると確信しているが、彼はより前でのプレーを好む。ディバラのプレーぶりは上質で、ラムジーとのペースにもよく合っている」

「マタイス・デ・リフトは成長している。私たちは少し忍耐する必要がある。彼は非常に若く、アヤックスという非常に異なるスタイルのチームから来たんだ。彼は驚異的だが、まだ準備はできていない。(ナポリの)カリドゥ・クリバリがセリエAでの最初の数カ月に少し苦労したことも忘れてはいけないよ」

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA