FOLLOW US

4試合連続フル出場も…冨安健洋に厳しい評価「コラロフとの対決に敗れた」

ボローニャでプレーする冨安健洋 [写真]=Getty Images

 セリエA第4節が22日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはローマに1-2で敗れた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がこの試合の選手採点を発表した。

 冨安は右サイドバックで4試合連続のフル出場を果たしたが、相手の左サイド、アレクサンダル・コラロフの対応に苦戦。ガゼッタはチーム最低となる「5」の評価を下し、「まだ戦術的に未熟で、(リッカルド)オルソリーニと離れて孤立してしまった。コラロフとの対決に敗れた」と記した。

 そのコラロフは冨安を苦しめただけでなく、見事な直接FKで先制ゴールをマーク。この試合で最高となる「7」の評価がついている。

 今シーズン初黒星を喫したボローニャは次節、24日にアウェイでジェノアと対戦する。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA