2019.05.08

【コラム】“ユヴェントス最後のセリエA得点王”…伝説の背番号10、デル・ピエロの動向に世界中が注目

アレッサンドロ・デル・ピエロ
ユヴェントスが誇るレジェンドの一人、アレッサンドロ・デル・ピエロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018-19シーズンのイタリア・セリエAは、5試合を残す“史上最速タイ”の記録で優勝が決まった。スクデットを掲げたのは、もちろんユヴェントス。8連覇の偉業は、2位ナポリに「20」もの勝点差をつけた圧倒的な勝利だった。
 今シーズンの主役は、やはり昨年夏にレアル・マドリーから加入したクリスティアーノ・ロナウドだろう。あの電撃移籍から1年足らず。新たな舞台が世界で最も「戦術的」で「守備的」とも評されるセリエAであっても、彼の個性が輝きを失うことはなかった。第35節終了時点で21得点はリーグ3位タイの成績だが、得点力だけでなく、その圧倒的な存在感とチャンスメーク力で8連覇に大きく貢献したことは間違いない。C・ロナウドは、白黒の縦縞を着てもやはりC・ロナウドだった。
 今シーズンは残り3試合。得点ランキングのトップに立つサンプドリアのファビオ・クアリアレッラとの4ゴール差を逆転することができれば、ユヴェントスの歴史においては2007-08シーズンに21得点を記録したアレッサンドロ・デル・ピエロ以来のセリエA得点王となる。クラブを離れて7年の歳月が流れた今でも、多くのファンにとってデル・ピエロはユヴェントスが誇るスーパースターであり、レジェンドの一人だ。

アレッサンドロ・デル・ピエロ

2007-08シーズンには21得点を挙げ、セリエA得点王に輝いた [写真]=Getty Images

 C・ロナウドがまだレアル・マドリードの一員だった2017-18シーズン、チャンピオンズリーグ準々決勝の相手はユヴェントスだった。勝敗の行方をほとんど決めてしまった第1戦、レアル・マドリードに3-0の勝利をもたらしたのは2つのゴールを決めたC・ロナウドだ。この試合の直後、解説者としてイタリアメディア『Sky』に出演したデル・ピエロは興奮気味にこう話した。
「世界最高のプレーヤーだ。センターフォワードとして最高のプレーをしているが、ナンバー10としても素晴らしいプレーを見せている。彼はたった一つのプレーですべての人を興奮させる」
 もっとも、C・ロナウドについてそう評したデル・ピエロ自身も、常に身にまとっていた“ナンバー10”だけでなくあらゆる役割をこなす攻撃のマルチロールでありスペシャリストだった。“ユヴェントス最後のセリエA得点王”に輝いた2007-08シーズン、2トップを組んだフランス代表FWダヴィッド・トレゼゲは20得点を記録しているが、そのうちいくつかのゴールはデル・ピエロのお膳立てによって生まれたものと言っていい。
 とりわけゴールに向かって左斜め45度、ペナルティーエリア角付近は「デル・ピエロ・ゾーン」と称され、このエリアではまさに敵なしの存在感を放った。右足で小さくつつきながらボールを運ぶドリブルは相手に“次のプレー”を読ませず、そのリアクションを見てデル・ピエロはシュートかパスかの選択をする。彼のゴールシーンを振り返る映像には「デル・ピエロ・ゾーン」からのシュートが多いが、同じようにこのゾーンからのアシストも多く、トレゼゲを始めとする何人ものパートナーがラストパスをゴールに流し込んだ。

デル・ピエロ、インザーギ

フィリッポ・インザーギ(後方)とのコンビは、「デル・ピッポ」の愛称で人気を博した [写真]=AFLO

 そうした意味において忘れられないのは、イタリア代表としても同じ時代にプレーし、ユヴェントスでは1997年から2001年までチームメイトとしてプレーしたフィリッポ・インザーギである。「デル・ピッポ」の愛称で絶大な人気を博した2人は、その1年目の1997-98シーズンにデル・ピエロが21得点、インザーギが18得点を記録。セリエA連覇を成し遂げたチームのアイコンとして、世界中のファンを魅了した。このシーズン、「ピントゥリッキオ」(イタリアの画家の名前であり、デル・ピエロの愛称)は欧州チャンピオンズリーグでも躍動。10ゴールをマークして大会得点王に輝いた。
 デル・ピエロは2011-12シーズンを最後にユヴェントスを離れ、オーストラリアとインドでのプレーを経て2014年に現役を引退した。その後は解説者なども務め、古巣ユヴェントスの試合を担当することも多い。同じ時代にピッチに立ったパヴェル・ネドヴェドが副会長を務めるなど、同年代のスター選手はクラブの要職に就く者もいれば、指揮官として“現場”に戻ってきた者もいる。ユヴェントスのファンから“待望論”が出るも当然のことだ。
“その時”は着実に迫っているのだろうか。ユヴェントスが誇るレジェンドの動向に世界中が注目している。

文=細江克弥

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
35pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
39pt
インテル
38pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング