FOLLOW US

チェルシーのサッリ監督、わずか1年で母国復帰か…ミランが招へいに関心

サッリ監督はミランの指揮官に就任する可能性がある [写真]=Getty Images

 ミランチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督をジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の後釜として、招へいに関心を示しているようだ。28日にイギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じた。

 サッリ監督は今シーズンからチェルシーの指揮を執っているが、早くも解任が噂されている。シーズン開幕当初は無敗記録を更新するなど好調なプレーを見せていたが、現在ではトップ4争いに他クラブとともに苦戦中だ。

 チェルシーは同監督が今シーズン結果を残すことができなかった場合、解任を検討すると伝えられている。その際はミランがサッリ監督をガットゥーゾ監督の後継者として招へいする模様だ。

 サッリ監督は次のようにコメントしている。

「私はプレミアリーグに残留したい。なぜならここは素晴らしいリーグだからだ。チェルシーの指揮官として仕事を続けたいと思っている」

「スタジアムの雰囲気も最高で、もう2シーズンもあればマンチェスター・Cリヴァプールのレベルに追いつくことができるだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO