FOLLOW US

アッレグリ監督、発言に批判が集まるボヌッチを擁護「彼は謝罪した」

人種差別問題についてコメントしたユヴェントスのアッレグリ監督 [写真]=Juventus FC via Getty Images

 ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、人種差別問題について語った。イギリス誌『FourFourTwo』が5日に伝えている。

 ユヴェントスは2日に行われたセリエA第30節でカリアリと対戦し、2-0で勝利した。この試合中、カリアリのファンがユヴェントスのイタリア人FWモイーズ・キーンに対して人種差別的なヤジを飛ばしていた。これを受けて、同選手は85分に追加点を記録すると、カリアリのファンに向けて挑発的にも見えるようなパフォーマンスを行った。

 試合後、ユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは「非は五分五分だ」と発言。カリアリファンの人種差別とキーンのパフォーマンスを同等とみなした見解に、批判が集まっていた。

 アッレグリ監督は「人種差別とは常に戦わなければいけない。正当化することはできないよ」とコメント。ボヌッチについては「彼は試合直後で冷静さに欠けていた。自分をうまく表現することができなかったみたいだ。それに気づいた後、彼は謝罪した。この2つは紛れもないことだ」と擁護した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO