2018.11.12

PKストップのユーヴェGKシュチェスニー、「シュートがどこに来るか分かっていた」

ヴォイチェフ・シュチェスニー
ユベントスに所属するシュチェスニー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがインタビューに応えた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、同『スカイ・スポルト』の報道を元に伝えている。

 シュチェスニーは11日のセリエA第12節ミラン戦で、かつての同僚であるアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインのPKを防いでユヴェントスの勝利に大きく貢献した。PKを阻止されたイグアインはその後判定に激高して退場するなど、勝敗にも多大な影響を与えた両者の対決には伏線があったようだ。

 シュチェスニーは、「イグアインのことはよく知っているから、シュートがどこに来るかだいたい分かっていたよ。実際に上手くいったしね。ちょっと早く動きすぎたんだけど、ボールが低くてラッキーだった」とファインプレーの秘密を明かした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る