2018.11.10

新生イタリア、18歳の“ピルロ2世”を初招集…バロテッリは選外

イタリア代表
新生イタリア代表に“ピルロ2世”が初招集された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアサッカー連盟は9日、UEFAネーションズリーグのポルトガル戦と国際親善試合のアメリカ戦に向けた招集メンバーを発表した。

 メンバーにはFWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)やDFレオナルド・ボヌッチ(ミラン)らが順当に選出。また、ロベルト・マンチーニ監督は今回、ホッフェンハイムのFWヴィンチェンツォ・グリフォ、サッスオーロのMFステファノ・センシ、ブレシア(イタリア2部)のMFサンドロ・トナーリの3人を初招集した。

 特に注目すべき選手が18歳のトナーリ。そのトラップやキックに入るモーション、風貌や髪をかきあげる仕草を目にするだけ希代のレジスタ、アンドレア・ピルロを思い出すことができる。また、ピルロがキャリアをスタートさせたブレシアでプレーしていることからも“ピルロ2世”と現地では評価されており、“ファンタジスタ”の資質を十分に備えている逸材である。

期待が集まる“ピルロ2世”ことトナーリ [写真]=Getty Images

 なお、ニースのFWマリオ・バロテッリは今回招集されなかった。

 イタリア代表は17日にポルトガルと、20日にアメリカと対戦する。招集メンバーは以下のとおり。

▼GK
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)
サルバトーレ・シリグ(トリノ)

▼DF
クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
マッティア・デ・シリオ(ユヴェントス)
エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド)
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)

▼MF
ニコロ・バレッラ(カリアリ)
ステファノ・センシ(サッスオーロ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
サンドロ・トナーリ(ブレシア/イタリア2部)
マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ロベルト・ガリアルディーニ(インテル)
ジョルジーニョ(チェルシー/イングランド)

▼FW
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
ヴィンチェンツォ・グリフォ(ホッフェンハイム/ドイツ)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
ケヴィン・ラザーニャ(ウディネーゼ)
レオナルド・パヴォレッティ(カリアリ)
マッテオ・ポリターノ(インテル)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング