2018.11.10

【プレビュー】ミランとユーヴェの名門対決…注目は“恩返し弾”狙うイグアインと“相性抜群”のディバラ

ミラン ユヴェントス
11月11日にミランとユヴェントスが対戦する [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11月11日に行われるセリエA第12節で、4位ミランと首位ユヴェントスが対戦する。両者の勝ち点は10ポイント離れているものの、ミランが好調を維持しているだけに、ここ数年に比べて注目度は高い。

【ミラン】

ミラン

[写真]=Getty Images

 名門復活に向けて来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したいミランは、ここまで6勝3分け2敗で4位。まだまだリーグ戦は長いが、目標達成に向けて順調なスタートを切ったと言える。チームの力は本物か――。王者を破ることができれば大きな自信となるだろう。

 今シーズン、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は「4-3-3」の布陣をベースに戦ってきたが、ジャコモ・ボナヴェントゥーラルーカス・ビリアの負傷離脱によって直近の試合では「4-4-2」や「3-5-2」のシステムを採用。苦しい台所事情のなかでも臨機応変に対応し、結果を残してきた。

 ユヴェントス戦では「4-4-2」を採用すると見られ、中盤ではフランク・ケシエティエムエ・バカヨコがコンビを組む模様。今夏チェルシーからのレンタル移籍で加入したバカヨコはシーズン序盤にガットゥーゾ監督から名指しで批判されることもあったが、ここ数試合では好パフォーマンスを披露しており、指揮官の信頼をつかみ始めている。FWが流動的にポジションを下げたり、インサイドハーフが積極的にバイタルエリアへ飛び出してくるユヴェントスの攻撃を封じるためには、中盤でいかに潰すことができるかが一つのポイントとなりそうだ。

 攻撃面での注目はゴンサロ・イグアインクリスティアーノ・ロナウドの加入によりユヴェントスを追い出されるような形でミランへ移籍することとなったストライカーは、古巣相手に“恩返し”のゴールを決めることができるだろうか。前節のウディネーゼ戦で腰を痛めて負傷交代を強いられ、ミッドウィークのヨーロッパリーグ・ベティス戦ではメンバーから外れたが、『トゥットスポルト』など現地紙によればユヴェントス戦には間に合う見込みだ。

■予想スタメン

(4-4-2)
ドンナルンマ;アバーテ、ムサッキオ、ロマニョーリ、R・ロドリゲス;スソ、ケシエ、バカヨコ、ラクサール;イグアイン、クトローネ

【ユヴェントス】

ユヴェントス

[写真]=Juventus FC via Getty Images

 11試合を終えて10勝1分けと、クラブ史を振り返っても前例のないロケットスタートを切ったユヴェントス。ただ、直近のチャンピオンズリーグではマンチェスター・U相手に終始ゲームを支配しながら逆転を許し、今シーズンの公式戦初黒星を喫した。嫌な流れを断ち切るためにも、アウェイゲームとはいえ勝ち点3を持ち帰りたい。

 C・ロナウドを含め選手の起用法に注目が集まった序盤戦、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は「4-2-3-1」や「4-3-3」、「4-3-1-2」といったシステムを試し、選手を組み替えながら最適解を探した。その答えが見つかったのかはわからないが、ここ数試合はケガ人続出の影響もあり「4-3-3」がベースとなっていて、ミランとの大一番でも同じ布陣で戦うことが予想される。

 ここまでの戦いを見る限り3トップは誰が出ても基本的に自由を与えられているようで、3人が目まぐるしくポジションチェンジを繰り返しながらテンポよくボールを動かしていく攻撃が印象的だ。ただ、このスタイルによってポゼッションの面では昨シーズンより向上しているが、形がはっきりしていないためか、意外にもゴールを奪うのに苦労しているのが気になるところ。戦列に復帰したマリオ・マンジュキッチが「高さ」や「強さ」というわかりやすい武器を生かしてこの問題を解決できるかが鍵を握りそうだ。

 そして、もうひとり注目したいのがパウロ・ディバラ。今シーズンはコンディション不良もあってやや出遅れたが、徐々に調子を上げて本来の姿を取り戻した。なにより、ディバラにとってミランは“お得意様”だ。パレルモ時代を含めてリーグ戦では8試合で6ゴールを記録。今回も相性の良さを見せつけることができるだろうか。

■予想スタメン

(4-3-3)
シュチェスニー;カンセロ、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ;ベンタンクール、ピアニッチ、マテュイディ;ディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウド

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る