2018.11.06

飲酒運転で逮捕のヴェラッティ、PSGとの契約延長交渉難航か…ユーヴェらが関心

ヴェラッティ
2012年夏からパリ・サンジェルマンでプレーしているヴェラッティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティと同クラブの契約延長交渉が難航しているようだ。イタリアメディア『Calcio Mercato』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が5日に伝えている。

 報道によると、ヴェラッティとパリ・サンジェルマンの現行契約は2021年まで残っているものの、新契約締結に向けた交渉が行われているという。だが、交渉は難航しているようだ。同選手に対してはユヴェントス、ナポリ、インテルが熱視線を送っている模様で、今後の動向に注目が集まる。

 なおヴェラッティについてはパリ・サンジェルマンが2日、飲酒運転で逮捕されたことを発表。同選手は先月30日から31日の夜、運転中に警察からチェックを受けたところ、飲酒運転が判明し、逮捕されたという。

 ヴェラッティは1992年生まれの26歳。2008年からペスカーラでプレーし、2012年夏にパリ・サンジェルマンへ加入した。今シーズンはリーグ・アン第12節終了時点で8試合に出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る