2018.11.06

ヴェンゲル監督の新天地はイタリア? 複数メディアがミランとの接触を報道

アーセン・ヴェンゲル監督
新天地に注目が集まるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエAのミランが元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏と交渉しているようだ。イタリアメディア『calciomercato』など複数のメディアが報じている。

 アーセナルで22年間もの長期政権を築いたヴェンゲル氏は、昨季退任。その後、「日本の可能性だってある。世界中から問い合わせが来ているよ」と新天地についてコメントを残していたが、現在もフリーの状態が続いている。

 同氏の新天地としては、これまでバイエルンやパリ・サンジェルマンなど憶測が流れていたが、今回『フランス・フットボール』がミランとの接触を報道。イタリアが新天地となる可能性が浮上した。

 同メディアによると、すでに交渉開始から数週間が経過しており、オーナーとの会談も行われているとのこと。今夏アーセナルからミランに加わった、最高経営責任者(CEO)を務めるイヴァン・ガジディス氏の存在が交渉に大きい影響を及ぼしているようだ。

 なお、ミランはセリエA第11節を終えて6勝3分2敗で4位。すでに首位ユベントスと勝ち点10差となっており、先月はインテルとのミラノダービーで0-1で敗れた。そのため、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の解任が噂されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る