2018.11.04

ミランの“10番”がドイツに復帰か…ブラジル代表MF加入で出場機会がネックに

ハカン・チャルハノール
移籍の可能性が浮上したチャルハノール   [写真]=Marco Luzzani/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランに所属するトルコ代表FWハカン・チャルハノールに、今冬クラブを離れる可能性が浮上したようだ。3日、イタリア紙『トゥット・スポルト』が伝えている。



 チャルハノールは今シーズンここまで公式戦8試合に先発出場。現行契約も2021年まで結んでおり、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督のもと主力として活躍している。

 一方で同紙は、チャルハノールが安定した出場機会を求めており、ミランがブラジルのフラメンゴから移籍金3500万ユーロ(約45億円)+ボーナスでブラジル代表MFルーカス・パケタの獲得を決めていることから、同選手に移籍の可能性が浮上していると報じた。

 また同紙によると、ライプツィヒやフランクフルトが同選手の獲得に関心を示しているようだ。現在24歳の同選手は、昨夏に2100万ユーロ(約27億円)でレバークーゼンから加入したばかり。カールスルーエ、ハンブルガー、レバークーゼンと輝きを見せてきたドイツに復帰することになるのだろうか、注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る