FOLLOW US

ジェノアの新星FWピョンテク、元イタリア代表FWヴィエリ氏以来の開幕7戦連発

開幕7試合連続ゴールを挙げたピョンテク [写真]=Getty Images

 ジェノアのポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクがセリエA第8節パルマ戦の5分、左サイドからのクロスにヘディングで合わせて今シーズン9得点目となる先制点を挙げた。

 これで開幕7試合連続得点となったピョンテクは、2002-03シーズンの元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏(インテル)の記録に並んだ。(高架橋崩落事故の影響でジェノアは1試合未消化)なおセリエA記録は、94ー95シーズンに元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏(フィオレンティーナ)が記録した11試合連続。

 現在23歳のピョンテクは今夏にKSクラコヴィアからジェノアに加入したばかり。バルセロナなど強豪クラブからの興味も報じられているが、バティストゥータ氏の記録に近づくことはできるのだろうか。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA