FOLLOW US

フィオレンティーナ、FWキエーザの契約延長を目指す…代理人とは会談済み

”イタリアの天才”キエーザ [写真]= Getty Images

 フィオレンティーナはイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの契約延長を目指しているようだ。イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 キエーザは1997年生まれの20歳。元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子で、2016-17シーズンのセリエA開幕戦でトップチームデビューを果たした。昨年5月にはイタリア代表にも招集され、今年3月にデビュー。2017-18シーズンのセリエAでは全38試合中36試合に出場し、6得点を挙げている。

 キエーザとフィオレンティーナは2022年までの契約を結んでいる。同選手には、マンチェスター・C、マンチェスター・U、リヴァプールといったビッグクラブが熱視線を注いでいると伝えられており、契約延長を目指しているようだ。同メディアによるとフィオレンティーナは、すでに代理人と話し合いを行っており、数週間のうちに選手自身に詳細を提示し詰めるという。

 “天才”とも呼ばれるイタリアの若き逸材は、フィオレンティーナで更なる活躍を見せることができるだろうか、注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA