FOLLOW US

スアレス、将来はMLSでプレーか…バルサが後釜探しに着手、獲得候補は?

スアレス(左)の後釜候補と報じられたピョンテク(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、将来的にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブへ加入する可能性が浮上しているようだ。スペインメディア『ドン・バロン』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が29日に報じている。

 報道によると、MLSのクラブは以前からスアレスに関心を示している模様。同選手が将来的にアメリカでのプレーを選択する可能性が浮上しているようで、バルセロナは後釜探しに着手していると報じられている。

 そして同メディアは、バルセロナが関心を示しているのはジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクと伝えている。現在23歳の同選手は今夏の移籍市場でポーランド1部のKSクラコヴィアからジェノアへ加入。セリエA第6節終了時点(1試合未消化)で全5試合に出場し、6得点を挙げる活躍を見せている。

 ピョンテクに対してはバイエルンやインテル、ミランといったビッククラブが関心を示しているという。今後の動向に注目だ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO