FOLLOW US

ローマやナポリが関心…ミラン、FWスソ流出阻止へ新契約提示か

昨季は8得点14アシストを記録したスソ [写真]=LightRocket via Getty Images

 ミランが、スペイン代表FWスソに新契約を提示する準備をしているようだ。イタリアメディア『Calcio Mercato』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が27日に報じている。

 報道によると、スソに対してはローマナポリが関心を示しているという。ミランは同選手の流出を阻止すべく、新契約を提示する準備をしているようだ。現行契約は2022年までとなっているが、スソがサラリーの増額を希望していることもあり、より好条件が提示されることとなしそうだ。

 スソは1993年生まれの24歳。カディスのユースチームでキャリアを始め、2010年にリヴァプールへ移籍した。アルメリアへのレンタル移籍も経験し、2015年1月にミランに加入。2015-16シーズンはジェノアへレンタル移籍で加入していた。ミランに復帰した2016-17シーズンはセリエAで34試合出場7得点を記録。2017-18シーズンもセリエAで35試合に出場し、6得点を挙げている。同シーズンの公式戦では8得点14アシストと攻撃陣をけん引し、存在感を示した。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア出場は逃したものの、今月にはスペイン代表に復帰したスソ。今シーズンのセリエAでも全5試合に先発出場するなど、主力として活躍を続けている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA