2018.07.25

ローマ、バルサの土壇場獲得劇に法的調査を開始「サインはまだだったが…」

モンチSD
サッカー総合情報サイト

 ローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)が、バルセロナのU-20ブラジル代表FWマルコム土壇場獲得劇に対し、法的調査に乗り出していることを明かした。24日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ローマは23日、移籍金3200万ユーロ(約41億6000万円)のオファーでボルドーとマルコム獲得について合意に達したことをクラブ公式で正式発表。同選手のメディカルチェックを行い、正式契約に至る予定であることも明かしていた。

 しかし、状況が一転。取引成立の直前にバルセロナが移籍金4100万ユーロ(約53億円)でオファーし、マルコムを土壇場で獲得した。

 ローマがボルドーと同選手獲得のクラブ間合意を発表した直後だっただけに、このバルセロナの土壇場獲得劇には世界に衝撃が走っている。

ボルドーのマルコム [写真]=Getty Images

 ローマのモンチSDは今回の一件の流れについて次のように説明。同時に法的調査に乗り出していることを明かした。

「今、我々は今回の一件が合法かどうかを調べている。契約書のサインがまだだったのは事実だが、代理人の言葉には多くのメッセージが残されている」

「数日前、バルセロナなど多くのチームがマルコム獲得に熱心だったことはわかっていたから、できるだけ早く契約を結ぼうとしたのは事実だ。しかし、ボルドーが選手のローマ移籍を撤回したことを私に伝えてくれたとき、驚きを隠せなかったよ。バルセロナからのオファーが私たちのオファーより良かったらしい」

「私は契約を結んでいると言ったが、合意を得ただけで、契約書のサインはまだされていなかった。サインする書類はボルドーに送ったにもかかわらず我々は何もできなかった」

「私は会長のジェームズ・パロッタ氏にこのことを伝え、バルセロナよりも良い新しいオファーを出そうと提案した。彼はその提案を喜んで受け入れてくれたよ」

「そしてボルドーの会長と選手の代理人に、ローマバルセロナのオファーを上回る提案をする準備ができていることを伝えたところ、ボルドーは公式にその契約書を送付する必要があると私に言ってきた。そしてパロッタ会長らと一緒に公式文書を提出した」

「しかし、代理人とボルドーはバルセロナとのオファーをプッシュし、取引を進めた。そこで私たちはもうオファーをやめたよ。誰かがローマに来たいと思っているのなら、それはすばらしいが、最終的にローマに来たくないなら、私たちは望んでいない」

 なお、バルセロナ側は今回の件に関して「仮契約は、契約書にサインされていない時点でほとんど意味がない」との見解を示しているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る