2018.07.23

ブッフォンと再タッグへ…伊代表ボヌッチのPSG移籍が有力に、ミランも許可

ボヌッチ
PSG移籍が有力と報じられたボヌッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、パリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍することが有力になっているようだ。イタリアメディア『メディアセット』が22日に報じている。

 同メディアによると、ボヌッチはパリ・サンジェルマンへの移籍を決意。中国投資家のリー・ヨンホン氏からアメリカの投資家グループ、エリオット・ファンドに経営権が移った新生ミランも、ボヌッチの放出を許可した模様だ。移籍成立が有力となっている。

 ミランはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の違反により、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を欧州サッカー連盟(UEFA)によりはく奪されていた。しかしスポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、処分を取り消す旨の判決を発表。2018-19シーズンのEL出場権を確保したことで、去就に注目が集まっている選手たちが残留を決断する可能性も報じられていた。しかしボヌッチは、フランスでのプレーを選択したようだ。

 パリ・サンジェルマンは今夏の移籍市場で元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを獲得。ユヴェントスや代表でともにプレーしてきたボヌッチと再びチームメイトとなることが有力となった。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る